MENU

NEWS & BLOG

お知らせ・ブログ

Brave Point 埼玉上福岡店

今注目のエアガンメーカーを紹介!

埼玉上福岡店 / 2018.02.01

こんにちは!インストラクターのゴーストです!

 

20年ほど前はエアガンメーカーは国内製のものが主流で、特に東京マルイ製が圧倒的な信頼を得ていました。しかしここにきて海外製のメーカーの台頭がすさまじく、ほぼすべてのフィールドで見かけない日はないほどです。「マルイ製がいいみたいだけど、どうなの?」と思っているそこのアナタ!今回は各メーカーを簡単にですが紹介していきたいと思います。

 

国内メーカー編。

【東京マルイ】電動ガンを広めた日本を代表するガンメーカー

マルイのハイエンドモデル、デルタカスタム

 

今や知らない人がいない程有名なガンメーカー。世界初の電動ガン「ファマス」の開発。そして可変ホップアップシステムの開発は安全な威力で飛距離を伸ばすことに成功し、「エアソフト」を「だれでもプレイできる安心な遊び」として広めるのに貢献しました。しかしその一方で電動スクーターや鉄道模型も作るなど、チャレンジを欠かさない開拓者精神をもちあわせています。エアガン界の革新的技術を生み出したマルイの内部システムはいまや数多くの海外メーカーが参考にしています。

【G&Gアーマメント】最先端の技術を惜しみ無く投入する台湾発の対抗馬!

ピストル弾を使うM4という斬新なコンセプトが人気のARP9

元々はエアガンのカスタムパーツを扱うメーカーだったんですが、いまでは高品質かつ格安なエントリーモデルから電子トリガーを最初から仕込んだハイエンドモデルまで、幅広いニーズに応える世界有数の巨大エアガンメーカーとなりました。マルイさんではカバーしきれていない名銃もモデルアップしているのも見逃せません。
ちなみにG&GのGは漢字で書くと「怪」。読み方は「グァイ」だそうで、向こうでは「ガイガイ」と呼ばれているようです!

【KRYTAC】実銃メーカーが作った電動ガン。

近未来的なデザインが魅力の「ベクター」

反動を下に発生させるメカニズムで有名な「ベクター」を開発したクリスグループがプロデュースするブランド。新進気鋭のメーカーであるにもかかわらず、日本上陸以来急速な広まりを見せています。その秘訣は分解整備の容易さにあり、特にスプリング交換の容易さは他社より一歩抜きんでています。内部パーツも最初から高価なものを使っているので値段は張りますが、値段に見合った性能を発揮してくれるでしょう。

【スタッフのオススメは・・・】

・見た目で選ぶなら
やはり「クライタック」でしょうか。実銃メーカー公認モデルのベクターはここからしか出ていません。他のモデルもかなり堅牢な作りになっているので長く使える一丁が揃っているのも魅力です。

・値段で選ぶなら
「G&G」のCM16シリーズは二万円を切る値段でありながら、軽量かつ多段マガジンつきといった、初心者には嬉しい要素が盛り込まれています。ハイエンドモデルのキレるトリガーも魅力ですが、安価なスポーツラインを買うよりは絶対的な信頼性があるので初心者さんにはCM16シリーズを進めたいですね!

 

・「とにかく信頼できる一丁が欲しい!」という人は

やはり信頼と伝統の「東京マルイ」でしょうか。今のエアガンの基礎を作ったメーカーであるので、成熟された各種システムと日本製の信頼感は海外製にはない要素です。海外製は元々1J以上のパワーで飛ばすことを想定として作られているので、後から調整が必要になるときがありますが、国内向けに作られているのでまずハズレはありません。

埼玉上福岡店でオススメの銃は?

複雑に入り組んだレイアウトなので、短くてトリガーのキレがいいものをお勧めしています。例としてはマルイ製であれば「ハイサイクルシリーズ」、海外製であれば「電子トリガー搭載」のものですね。電動ガンはトリガーを引いてからの弾が出るまでのタイムラグがあるので、一瞬の勝負になるインドア戦ではトリガーのキレが重視されます。インドアでサバゲデビューを狙っている方なら「電動ハンドガン」もお勧めです。ロングマガジンとスターターセットで1万3千円。充電器込みのフルサイズ電動ガンだとどうしても2万円はかかってしまうので、当店のようなインドアメインで活躍したい方は電動ハンドガンでデビューを狙うのもありだと思います!

サバゲーのことならスタッフに聞け!

いかがでしたか?私だけでなくスタッフの皆さんはフレンドリーな方ばかり!もちろんみなさんの疑問に喜んでお答えします。質問に来るだけでも大歓迎!皆様の来店をお待ちしています!